どんな特徴がある?夜勤のバイトをする利点と留意点

14 3月

夜勤のバイトにはどのような種類がある?

基本的には、夜勤のバイトは夜10時から翌朝の5時までの時間帯に働くことになりますが、そうしたバイトにはどのような種類があるのでしょうか。定番として、24時間営業している職種の店舗がイメージしやすいかもしれません。レンタルビデオショップ、ファストフードの店舗のように、誰でも一度は入ったことがあるような身近な職種にも夜勤バイトがあります。中でもコンビニを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。コンビニの夜勤では、商品の品出し作業をしたり、清掃なども行います。また、サービス系として、ネットカフェ、カラオケボックス、ホテルや警備など、意外と夜勤がある職種は沢山ありますよ。

気になる夜勤のバイトの利点は

夜勤のバイトをする場合の利点として大きなものは、日中のバイトと比較して給料が割高だということが挙げられます。深夜手当が付いたり、夜勤手当が支給されるため、昼間に同じ時間だけ勤務するよりも稼げるのです。また、夜勤バイトなら昼間の時間帯が好きなように使えるというのも利点の一つ。もちろん、睡眠時間は確保する必要があるものの、夜勤を完了してから睡眠を取ったり、バイトが始まる前に早起きをすると、日中の間は有効に使うことができますよ。

夜勤のバイトで気を付けたいこと

夜勤のバイトをしていると、普通の生活では眠っている時間に働くことになります。そのため、体になるべく負担をかけないようにする工夫が必要です。特にバイトを始めて間もないうちは、昼間に眠るということに慣れず、睡眠不足になってしまうことがありますので、睡眠をしっかり取るように心掛けましょう。夜勤バイトをする際には、いつもより睡眠時間を多めに取るようにしたり、栄養バランスが良い食事を摂って体調を崩さないようにすることが大切です。

コンビニのバイトでは時間帯や経験年数に応じて時給アップしてくれるので、働きやすくやりがいが持てます。