必見!学生のうちにやっておくべきバイト3選

22 2月

接客業でコミュニケーション力をつけよう

コミュニケーション能力が重要視される昨今、この力を養えるバイトの筆頭格はなんといっても接客業です。接客業では、どんな仕事にも必ず存在する「お客様」との付き合い方を学ぶことができます。ときにはクレームにも対応することで、批判・不満への対処方法も身に付きます。お客様だけでなく、バイト先の店長や先輩といった「上司」や、後輩という「部下」の存在も重要。上下関係のなかで働く経験は、社会に出てから必ず役に立つことでしょう。

家庭教師で知識を復習

家庭教師や塾講師などの教育系のバイトは、自身が培った知識を次世代のために役立てられるだけでなく、その知識の確認にもなります。人に何かを教えるという行為は、当然その内容を覚えていなければできません。生徒に教えることは、自分が今まで勉強してきた内容を忘れてしまうという悲劇を防ぐことにも繋がります。英語や数学、歴史、読解、小論文の作成など、受験や大学生活で得た知識は社会に出てからも必要となるものばかりです。

単純作業で適性を確認!

シール貼りや在庫整理、データ入力などの単純作業は忌避されがちです。しかし、「自分はクリエイティブな仕事に向いている」という確信があったとしても、一度は経験しておくことをおすすめします。単純作業といっても奥は深く、いかに効率よく作業を進められるかという点はまさに発想の勝負。自分が思いもよらなかった適性を見出すきっかけにもなる可能性があります。食わず嫌いをせず、あらゆる仕事をやってみることが自分に合った職業に就くための近道です。

リゾートバイトとは、夏の暑い期間にたくさん訪れる観光客によい思いをしてもらえるように働くことを言います。