マンスリーマンションに入居することの3つの大きなメリットとは

20 2月

借り方次第で費用が安く済む

マンスリーマンションの賃料は固定ではなく、1ヶ月のみなど短期間では高い反面、期間が長くなるにつれ割り引かれることが多いため、利用期間が長いほど、ホテル住まい等に比べ安い費用で済むというメリットがあります。また、一般的な賃貸物件で必要とされる、敷金や礼金なども不要です。このため、単身赴任や長期出張者のほか、受験の為の一時的な一人住まいなど、あまりお金をかけずに住居を一定期間確保したいという人には最適です。

手ぶらでもすぐに住める!

マンスリーマンションには、テレビや洗濯機のほか、電子レンジ、冷蔵庫やエアコンといった、生活に最低限必要な家電は完備されていることが多く、テーブルや布団なども揃えられているのが一般的です。このため、入居時にいろいろと買い揃える手間が省けると同時に、出る時にも大掛かりな引越し準備に時間を費やす必要がありません。但し、設備や備品を壊したり、壁や家具、カーペット等に傷をつけてしまわないよう、注意して使用する必要があります。

さほど厳しくない入居審査

入居審査がそれほど厳しくないことも、マンスリーマンションの特徴の一つです。通常の賃貸物件を借りる場合、過去の不動産事故歴のほか、年収や勤務先、保証人など全て細かくチェックし審査を行います。一方、マンスリーマンションの場合は、業者によっては簡易的な審査だけを行うこともあり、入居しやすいというメリットがあります。但し、物件によっては入居時に数ヶ月分の家賃が必要となる場合もあり、トラブルとならないよう事前の確認が必要となります。

マンスリーマンションは短期で契約できるだけでなく、敷金や礼金が必要ないという場合が多いのでお得です。